2017年度(平成29年度)事業・活動報告です。

4月・・・分館運営委員会開催(22日)

5月・・・社会見学受付「自分だけのお箸づくりとビール工場」(20日)

6月・・・社会見学(3日)

分館運営委員会の議事資料は、分館運営委員会資料 をご覧ください。

ご覧いただくにはパスワードが必要です。東丘公民分館役員までお問い合わせください。


事業報告


社会見学「自分だけのお箸づくりとビール工場」

6月3日(土)、東丘公民分館の社会見学に行ってきました。今年は若狭でのお箸づくりとキリンビール神戸工場の見学です。毎年ご夫婦やお友達同士でご参加くださる方々をはじめ、ご両親を連れてきてくださった方、おばあちゃんとお孫さんなど、幅広い層の方にお越しいただきました。

はじめに訪れたのは、日本海側では最大級の海鮮市場「日本海さかな街」。短い自由時間でしたが、おすすめの焼鯖寿司や、へしこをはじめとした珍味のお買い物を楽しみました。

次は箸匠せいわでの「自分だけのお箸づくり」です。まずお箸に関するためになる情報を、社長の軽妙なトークで教えていただきました。お箸にも替え時があるってご存じでしたか?お正月や誕生日や記念日、また「何かを始めるタイミング」で替えるのもよいそうです。部屋を移動し、いよいよお箸づくり。若狭塗は何色も塗り重ねられているので、研磨の向きや強さで模様が決まります。私は、研磨機に押し付ける力が弱すぎて、せっかくの色の層をすべて出すことができませんでした。決断力がないのか、控えめなのか、どちらにせよ性格がお箸の仕上がりにも出ているのは間違いありません。みなさんのお箸も見せていただけばよかったなぁ、と今になって思っています。

「城山荘」で、海の幸たっぷりの食事を楽しんだ後は、すぐそばの「明鏡洞」周辺を散策。青空の下、全員で記念写真を撮りました。

しめくくりはキリンビール神戸工場の見学。麦芽の試食やホップの香りを体験し、一番搾りと二番搾りの麦汁の味の違いも実際に確かめました。見学の最後は、ひとり3杯までの試飲でしたので、いろいろな味を試して感想を言い合ったり、楽しくおしゃべりしたり、それぞれに約20分間の「プチ飲み会」を楽しみました。

最後に少し渋滞があり、午後6時を過ぎましたが、無事に東町に到着しました。

今回、参加者のみなさまには、名刺サイズの分館章(マーク)を首から提げていただきました。裏面には分館役員の携帯電話の番号を印刷し、緊急時にご連絡いただけるようにと考えたものです。幸い、今回は連絡を受けることはありませんでしたが、来年以降もみなさまに安心してご参加いただけるよう、細かな点にも気を配りながら、社会見学の企画運営を行ってまいります。

ご参加いただだいたみなさま、ありがとうございました。来年もまたご一緒できることを楽しみにしております。