2019年度 事業・活動報告です。

4月・・・分館運営委員会開催(28日)

5月・・・社会見学受付「鳴門公園と淡路人形座」(18日)

6月・・・社会見学(1日) 

8月・・・東町夏祭りで50周年記念品テント10張りのお披露目(17日)

分館運営委員会の議事資料は、分館運営委員会資料 をご覧ください。

ご覧いただくにはパスワードが必要です。東丘公民分館役員までお問い合わせください。


社会見学「鳴門公園と淡路人形座」

2019年6月1日、「鳴門公園と淡路人形座」の社会見学に行ってきました。

例年通りの晴天のもと、ご夫婦、親子、おひとりでのご参加、そしてたくさんの女子会のみなさんをお迎えし、46名で東丘小学校の西門からバスで出発。

最初は大鳴門橋遊歩道「渦の道」、橋桁空間を利用して造られた海上遊歩道から渦潮の見学です。大潮の時間帯に合わせたスケジュールでしたので、世界三大潮流のひとつである鳴門海峡のダイナミックな渦潮を、いくつも見ることができました。途中、ガラス床になっているところもあり、45m下の渦潮に、スリルや興味や恐怖をそれぞれ感じながら歩きました。

昼食は慶野松原荘で鱧のお料理を。さすが淡路島、玉ねぎのサラダもとてもおいしかったです。

続いて「淡路人形座」で人形浄瑠璃の鑑賞です。事前の解説で、一体を3人で扱うこと、足10年左10年と言われる長い修業が必要であること、などを聞いていても、いざ始まると「ひとり」の所作にしか見えません。生の義太夫に、少しコミカルな演出もあり、生き生きとした演目を堪能しました。

帰路の「淡路ハイウェイオアシス」では、雄大な景色と買い物を楽しみ、「たこせんべいの里」でもさらに買い物袋が増え、たくさんのお土産とともにほぼ定刻に戻りました。

東町を出発し、東町に戻ってくるバス行程ですので、どの年代の方にとっても参加しやすいのでは?と自負しております。目立つオレンジのポロシャツの分館役員がご一緒しておりますので、現地ではぐれる心配もほとんどありません。男性おひとりでご参加くださる方も結構いらっしゃいますよ。毎年お越しいただいている方も、初めての方も、ぜひ来年ご参加ください。何かひとつでも「新しく学んでいただけること」(『社会見学』ですので)と、楽しい空気をご用意して、お待ちしております。

 

分館50周年 記念品テントのお披露目です。

8月10日納品された「50周年の記念品 テント10張り」が東町夏祭りでお披露目されました。